ホーム > サプリメントガイド > コレステロール

サプリメントガイド

コレステロール

隠れ肥満も要注意! コレステロール管理が大切な理由

コレステロールには、善玉と呼ばれるHDLコレステロールと悪玉と呼ばれるLDLコレステロールがあります。

HDLコレステロールは、血液中に増えすぎたコレステロールを回収してくれます。一方、LDLコレステロールは、増えすぎると動脈硬化をもたらし、心筋梗塞や脳卒中といった生命を脅かす病気の原因となります。

HDLコレステロール値は高めに、LDLコレステロール値は低くしておかなくてはなりません。一見、矛盾しそうな要求ですが、答えは明快。どちらも食べすぎ防止(とくに動物性脂肪の摂り過ぎは厳禁)、運動不足を解消し、肥満防止に心がければよいのです。

ただし、「言うは易し行うは難し」です。野菜中心の食事を腹八分目にして、毎日ウオーキングなどの有酸素運動をするという生活習慣を身に着けるには、相当の意志が必要でしょうが、がんばりましょう。ときには、挫折してしまうかもしれませんが、そんなときでもあきらめずに翌日から再チャレンジしてください。

そして、そんなチャレンジをサポートする意味で、サプリメントを検討してもよいかもしれません。

魚に多く含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)は、中性脂肪を減らし、血液をサラサラにするはたらきがあるといわれていますし、大豆には血中コレステロールの上昇を抑える成分が含まれているといいます。

【コレステロール低下作用】
エイコサペンタン酸(EPA)、キトサン、クロレラ、植物ステロール

【コレステロール吸収抑制作用】
植物繊維

【脂質異常症の改善】
大豆(イソフラボン)、ニンニク、ローヤルゼリー

【脂質代謝改善作用】
インゲン豆、大豆(サポニン)、大豆(レシチン)、緑茶(カテキン)
Copyright © 2018 Health Scramble All Rights Reserved.