ホーム > いろどりライフスタイル > 旅行 > 錦秋の古都を巡る--京都の紅葉スポットで絶景を堪能

いろどりライフスタイル

旅行

錦秋の古都を巡る--京都の紅葉スポットで絶景を堪能

2021年12月3日

新型コロナウイルスの感染が一段落した今年の秋、ステイホームだった昨秋とは違い、各地の観光地が久々に賑わいを見せています。今回は紅葉真っ盛りの古都、京都でもみじ狩りの名所をご紹介します。

東福寺(京都市東山区)


東福寺は鎌倉時代に開山された臨済宗東福寺派の大本山で、京都を代表する紅葉の名所のひとつです。奈良屈指の名刹である東大寺と興福寺からそれぞれ「東」と「福」の一字を取って名付けられました。東福寺では、600年前、花見客が増えると修行の妨げとなるとの理由で桜をすべて伐採し、その代わりにもみじを植えたといわれています。そのおかげでこんなに素晴らしい紅葉を毎年見ることができるようになったのですね。紅葉の時期には年間参拝者のおよそ半数に当たる40万人が訪れるのだとか。境内には約2,000本のもみじの木が植えられ、その種類はイロハモミジ、トウカエデなどさまざまです。

洗玉澗(せんぎょくかん)と呼ばれる境内の渓谷には、臥雲橋(がうんきょう)・通天橋(つうてんきょう)・偃月橋(えんげつきょう)と呼ばれる3つの橋がかかっています。東福寺の見どころはなんといっても、通天橋から見下ろすもみじです。コマーシャルなどでもお馴染みですが、雲海のように幾層にも重なって広がるもみじが赤や黄色、緑とさまざまな色の錦を織りなし、古刹の秋を彩ります。地面を覆いつくす絨毯のような散りもみじ(敷きもみじとも)にも、得も言われぬ風情があり、深まる古都の秋を感じます。
通天橋(つうてんきょう)から見た臥雲橋(がうんきょう)

紅葉の時期は例年、とても混雑することが多く、東福寺駅から人が並んでしまうこともあるほどだとか。できれば平日の空いている時間帯に行くのがおすすめです。

永観堂(禅林寺)(京都市左京区)


永観堂は浄土宗西山禅林寺派の総本山です。禅林寺が正式名称ですが、このお寺の住所の町名にもなっている「永観堂」の通称で呼ばれることが多いようです。もともとは空海(弘法大師)の高弟が建立した真言宗のお寺が起源です。古来より「秋はもみじの永観堂」といわれるほどのもみじの名所となっています。

放生池(ほうじょういけ)。
水面には逆さもみじと右のほうに極楽橋

禅林寺が永観堂と呼ばれるようになったのは、7世住持(住職)であった永観律師に由来します。永観堂のご本尊は阿弥陀如来像なのですが、「みかえり阿弥陀」と呼ばれるちょっと変わった形をしています。これにはある逸話があります。ある日、修行中の永観の前に突然、安置してある阿弥陀像が壇から下りてきて永観を先導し、行道(仏道の修行をすること)を始めたのだそうです。驚く永観のことを阿弥陀は左肩越しに振り返り、「永観、おそし」と声をかけたのだとか。そのため、ご本尊の阿弥陀如来は、顔が左を向いた珍しい立像となっています。




常寂光寺(京都市右京区嵯峨)



常寂光寺(じょうじゃっこうじ)は、JR山陰本線(嵯峨野線)の嵯峨嵐山駅から歩いて15分ほどのところにある日蓮宗のお寺です。百人一首で詠まれる小倉山の中腹の斜面にあり、長い階段を上るとたどり着く境内からは嵯峨野を一望できます。訪れたのはちょうど通り雨の後で、濡れ落ちたばかりのもみじの葉がまだ生き生きと色づいていて、苔の緑とのコントラストが見事でした。
根元に落ちた葉の赤と苔むす幹の緑とのコントラストが素晴らしい


常寂光寺のシンボルともいえるのは1620年に建てられた高さ12mにもなる多宝塔です。国の重要文化財に指定されています。京都のパンフレットなどにも使われることが多いのだとか。
階段を上ると嵯峨野を一望できる
京都には12月上旬まで紅葉を楽しめるところもあります。感染対策に気を付けつつ、今年は2年ぶりに晩秋の風情を楽しみたいものです。

投稿の方法はこちら

おしゃべりパーク
クチコミを投稿する
写真1
写真2
写真3

※写真は幅205pxにリサイズして表示されます。

2019年9月2日
かんすけ さん

ラフティング、気持ち良さそうですね!

これからの季節も楽しめそうです。

2019年6月10日
ブラック さん

「添乗員見聞録Vol.36  タスマニアで出会う! かわいい動物たち」でウォンバットを見ました。最高にかわいいですね。

2017年6月15日
wombat さん

小江戸と呼ばれている川越に行ってきました。晴れた休日と言うこともあり、人・人・人。東急東横線が東武とつながり、経済効果もあるのだと感じた日でもありました。

 

2016年8月31日
ブラック さん

台風接近の中、北海道に行ってきました。それでも何とか北海道最高峰旭岳に辿りつき、晴れ間に写真を撮ることが出来ました。

 

2013年7月23日
Ruby さん

いいですねえ、ベネチア。20年以上前に行ったことがあります。大枚をはたいてゴンドラに乗りました。懐かしい思い出です。沈んでしまう前に(?)是非、行っておくべき街ですね。

Copyright © 2022 Health Scramble All Rights Reserved.