ホーム > いろどりライフスタイル > 旅行 > おいでませ 山口へ

いろどりライフスタイル

旅行

おいでませ 山口へ 

2018年8月20日


山口県の観光地と言えば、錦帯橋、秋芳洞、萩がまず頭に浮かびます。
これらの観光地は、お決まりの修学旅行コースでもあり、訪問したことのある方は多いことと思います。でも山口県の観光地はそれだけではありません。 
今回は、最近注目を集めている日本海側にある観光地(インスタスポット)をご紹介します。



1.角島大橋(つのしまおおはし)


白い砂浜とエメラルドグリーンの海が広がる角島(面積4.1km²、人口900人)。その角島と本州を結ぶのが角島大橋です。本州側の橋の入り口に駐車場がありそこから角島に向けて「ハイチーズ」。この橋は2000年11月3日に開通した全長1,780mの大橋。2015年に伊良部大橋(沖縄)が開通するまでは日本一長い通行料無料の橋としても有名でした。日本最長ではなくなりましたが、美しさには変わりなく、この絶景から多くの自動車のCMにも用いられています。




2.元乃隅稲成神社 (もとのすみいなりじんじゃ)



地元の網元が見た白キツネのお告げにより、島根県津和野町太鼓谷稲成神社から分霊された神社です。123基連なる赤の鳥居は壮大で、赤の鳥居と青い海をバックに「ハイチーズ」。高台に建つ神社大鳥居の上には日本一投げ入れづらいと言われる賽銭箱があります。見事入れば、願い事が叶うかも。




3.須佐ホルンフェルス (hornfels)



ホルンフェルスとは変成岩の一種であり、マグマの熱などによって砂岩や頁岩(けつがん)が深成岩と接触変成した断層です。平たく言えば太古の地層がむき出しの断崖絶壁。駐車場から断崖絶壁の袂まで歩いて約5分。その道の途中から「ハイチーズ」。断層と海とのコントラストが最高です。 




番外編



山口県の民家の屋根瓦はオレンジ色が主流。これは島根県の石見地方で生産されている耐寒性・防水性に優れた瓦(石州瓦、せきしゅうがわら)が使用されているとのことです。
関東に住んでいる筆者にとってはある意味異様な風景でした。




皆様も美しい日本海の海を求めて、この夏は山口に出かけられてはいかがでしょうか。

投稿の方法はこちら

おしゃべりパーク
クチコミを投稿する
写真1
写真2
写真3

※写真は幅205pxにリサイズして表示されます。

2017年6月15日
wombat さん

小江戸と呼ばれている川越に行ってきました。晴れた休日と言うこともあり、人・人・人。東急東横線が東武とつながり、経済効果もあるのだと感じた日でもありました。

 

2016年8月31日
ブラック さん

台風接近の中、北海道に行ってきました。それでも何とか北海道最高峰旭岳に辿りつき、晴れ間に写真を撮ることが出来ました。

 

2013年7月23日
Ruby さん

いいですねえ、ベネチア。20年以上前に行ったことがあります。大枚をはたいてゴンドラに乗りました。懐かしい思い出です。沈んでしまう前に(?)是非、行っておくべき街ですね。

2013年1月24日
事務局 さん

さとちゃん

 

ご投稿ありがとうございます。

グアテマラ、すてきですが、遠くて実際に行くのは難しいですよね。

近場でお勧めのところありましたら、教えてください。

2013年1月24日
さと ちゃん

なんだか神秘的ですねぇ。

遠いところへの旅行はついつい億劫で、近場に旅行することが多いんですが、

今度は挑戦してみようかなと思います。

Copyright © 2018 Health Scramble All Rights Reserved.