ホーム > いろどりライフスタイル > 旅行 > 添乗員見聞録Vol.32 チェスキークルムロフの“薔薇祭り”にて 中世にタイムスリップしてきました! (チェコ)

いろどりライフスタイル

旅行

添乗員見聞録Vol.32
チェスキークルムロフの“薔薇祭り”にて
中世にタイムスリップしてきました! (チェコ)

2017年7月21日


現地は夏真っ盛り! 気温も25度を超え汗ばむ陽気となりましたが、からっと晴れ渡り、天気に恵まれたツアーとなりました。今回のツアーでは、この時期にしか見ることのできない緑のコントラストが延々と続くモラヴィアの大草原を走り抜けたり、チェスキークルムロフにて開かれる中世祭“五弁の薔薇祭り”をご案内させていただいたりと、とっても贅沢な日程でした。

その中でも毎年3日間だけ開かれる薔薇祭りには心が躍りました。祭りの舞台となるチェスキークルムロフは南ボヘミア地方のブルタヴァ(モルダウ)川沿岸にたたずむ小さな町です。

薔薇祭りと呼ばれていますが、決してバラの花が咲き誇っているわけではありません。バラが見たければもう少し早い時期に訪れないとですね。この薔薇祭りはルネサンス時代の最後にこの地を治めていたロジュンベルク一族の華やかな時代を再現したものです。ロジュンベルク家の紋章に5枚の花びらの薔薇が描かれていたために薔薇祭りと呼ばれるようになりました。

祭りの期間中はチェスキークルムロフの旧市街の広場や大小の通りが貴族・召使・農民・騎士など様々な身分の服装に身を包んだ地元民でごった返します。なんと言ってもこの祭りの見どころは、伝統衣装に身を包んだ人々が行う華麗な行進です。行進の先頭には太鼓の楽団とシンボルの赤い薔薇が描かれた旗がたなびきます。その後をロジュンベルグ一族に扮した人々、一族に使える召使、農民などへ続きます。一向が練り歩く姿はまさに圧巻。橋の上に陣取ったおかげで行進するご一向様の背景にはチェスキークルムロフ城を納めることがでました。





夜になっても町は静まりません。街の夜空に上がる祭典の花火、特設ステージからは民族音楽ショー、そして屋台で買ったビールを片手に談笑する人々。私はホテルに戻るのが惜しくいつまでも広場に佇んでいました(ビールも語らう友人もいませんでしたが…)。

チェスキークルムロフは普段はとても静かで素朴な町。そんなチェスキーの町がこの3日間はまさにお祭り騒ぎ! さながら中世の華やかな時代にタイムスリップしたような錯覚を覚えます。

3日間の祭りを終えた翌朝、昨日までの喧騒が嘘のように広場はしーんと静まり返り、特設ステージを解体するお兄さんたちが作業をするのみ。

来年の薔薇祭りまでまた穏やかないつもの町の姿へと戻っていきました。


提供:ユーラシア旅行社

投稿の方法はこちら

おしゃべりパーク
クチコミを投稿する
写真1
写真2
写真3

※写真は幅205pxにリサイズして表示されます。

2017年6月15日
wombat さん

小江戸と呼ばれている川越に行ってきました。晴れた休日と言うこともあり、人・人・人。東急東横線が東武とつながり、経済効果もあるのだと感じた日でもありました。

 

2016年8月31日
ブラック さん

台風接近の中、北海道に行ってきました。それでも何とか北海道最高峰旭岳に辿りつき、晴れ間に写真を撮ることが出来ました。

 

2013年7月23日
Ruby さん

いいですねえ、ベネチア。20年以上前に行ったことがあります。大枚をはたいてゴンドラに乗りました。懐かしい思い出です。沈んでしまう前に(?)是非、行っておくべき街ですね。

2013年1月24日
事務局 さん

さとちゃん

 

ご投稿ありがとうございます。

グアテマラ、すてきですが、遠くて実際に行くのは難しいですよね。

近場でお勧めのところありましたら、教えてください。

2013年1月24日
さと ちゃん

なんだか神秘的ですねぇ。

遠いところへの旅行はついつい億劫で、近場に旅行することが多いんですが、

今度は挑戦してみようかなと思います。

Copyright © 2017 Health Scramble All Rights Reserved.