ホーム > いろどりライフスタイル > 旅行 > ヘアメイク付き! 終活写真撮影会、体験企画のご案内 遺影だって自分が納得したものを使ってほしい!

いろどりライフスタイル

旅行

ヘアメイク付き! 終活写真撮影会、体験企画のご案内
遺影だって自分が納得したものを使ってほしい!

2014年6月18日

「終活」という言葉をご存知ですか。これは人生の幕引きに向かって、自らがさまざまな準備をすることです。たとえば、お墓を用意したり、生前贈与をしたりと、自分が亡くなった後のことを考えて準備をするのです。「死ぬことを考えるなんて、縁起でもない」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、死を毛嫌いばかりせず、「死」に対する自分の考えを家族に伝える方が増えてきました。死ぬときまで、いえ、死んでまでも自分らしくありたい、とお考えの方が増えて、「終活」をする人も多くなりました。

そんな自分らしく最後まで生き抜きたいという方々のニーズに応えて、今回ご紹介するぽけかる倶楽部の企画は、遺影の撮影会です。ヘルススクランブルでは、この体験教室へ抽選で1名の方をご招待します。お問い合わせページから「終活体験希望」と明記のうえ、7月17日(木)までにお申込みください


今回のプレゼント応募は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


遺影は生前に準備しておこう

ご家族が亡くなられたとき、遺影用の写真が決まらなくて困ったことはありませんか。または、知人の葬儀に参列して、遺影の写真がその人のイメージと違っていて、そこはかとない違和感を覚えたことはありませんか。でも、それは致し方ないことなのかもしれません。

たとえば、家族が亡くなったとき、もっとも悲しみに浸っていたい遺族が、遺影用の写真を探し出して葬儀社に渡さなくてはいけないのですが、この間、時間の余裕はあまりありません。もしかしたら、親子が一緒に住んでいなければ、写真の保管場所がわからないかもしれませんね。その結果、ちょっとピンぼけだったり、険しい表情の写真が遺影になってしまったとしたら、少し悲しいような気がします。

遺影は故人を偲ぶ重要な手がかりです。遺影の笑顔を見て、さまざまな思い出がよみがえってくるのではないでしょうか。だからこそ、納得の遺影を用意しておきたいと思います。

一方、不本意な写真を遺影にされては、亡くなったご本人も天国から「その写真じゃないの、使ってほしかったなあ」と嘆くかもしれませんね。死んでから後悔するくらいなら、いま終活として遺影を用意することをおススメいたします。生きている間は、自分のセンスで服を選び、生き方を選んできた人にとっては、遺影だって自分が納得したものを使ってほしいですよね。

さらに、ご本人が亡くなった後、残された家族は遺影に向かって手を合わせたり、うれしいこと悲しいことを報告したりするのではないでしょうか。そう考えると、その人らしい遺影選びは、残された家族の心の平安のためにも大切なのかもしれません。

納得の遺影とは

では、よい遺影とはどのようなものでしょうか。次の3つのポイントを参考にしてください。

1.自然な表情

みんなが「その人らしい」と思える表情がベストです。

2.あまり若い頃の写真はNG!

遺影に若い頃の写真を使うことがありますが、あまりにも昔の写真は、葬儀に参列した人たちが戸惑ってしまいます。20代、30代のお気に入りの写真があっても、それは80代の方の遺影にはふさわしくありません。もちろん、これは考え方の違いですので、故人の希望で若い頃の写真を使うケースもなくはないそうですが。

3.スナップ写真には限界がある

遺影用には、多少の加工をしてくれるので、何人かと一緒のスナップ写真でも大丈夫ですが、遺影は大きく引き伸ばすため、画像が荒くなってしまうことがあります。


上記のポイントを踏まえて、いままでの写真のなかから、ベストショットを探すよりは新たに撮影したほうが、納得の1枚に出逢えるのではないでしょうか。さらに、新たに撮影する1枚をプロのカメラマンの手に託せるのでしたら、100%納得の写真が見つかるかもしれません。

終活写真撮影会ってどんなことをしてくれるの?

その人らしさを重視した自然なヘアメイクをしてくれます

ぽけかる倶楽部が企画した「終活写真撮影会」は、渋谷にある終活専門スタジオ「寿写」内のフォトスタジオなつで行います。ここでは、写真撮影をするだけではなく簡単なヘアメイクもしてもらえますので、万全の美しさでカメラの前に立つことができます。このサービスはとくに女性の方から好評をいただいています。この撮影会では、衣装はご自分で用意していただきます。遺影用だからといって、新たに新調することはありません。ご自分らしいお気に入りの服装で出かけましょう。

どの服にしたらよいのか決まらない場合は、2、3着持っていき、カメラマンにアドバイスしてもらうことも可能です。女性の場合、アクセサリーなどを少し身につけることで華やかさが演出されることもあるとか。また、写真に一緒に収めたい思い出の品をもってこられる方もいらっしゃるそうです。

自然な笑顔が内面の美しさを表現しています

写真が苦手という方は少なくありません。カメラを向けられると、笑おうとしてもぎこちなくなってしまうのは、仕方がないことですよね。でも、プロのカメラマンは、そんな被写体の緊張をほぐすこともプロなんです。リラックスさせながら、その人らしい表情を撮影してくれます。

当日撮影した写真の中からベストショットを選びます

1回の撮影会は、最大2名様までとすることで、ゆったりとした時間のなかでの撮影となります。したがって、撮影時間はだいたい30分程度確保でき、10~20カットほど撮影をします。そのなかからベストショットを選ぶわけです。1回の撮影会は2名様までですから、ご夫婦やご友人と申し込んでもよいですね。もちろん、お一人で参加される方も多くいらっしゃるとのことで、その際にはお子さんなどご家族が付き添うこともあるそうです。

また、撮影は上半身の写真となります。椅子に座って撮影することもできますので、足が痛い方なども安心してご参加いただけます。

このようにプロのキメ細やかなアドバイスのついた撮影会、通常は撮影料+写真代で12,500円相当かかりますが、ぽけかる限定価格の6,980円でご案内しています。

さらに、ヘルススクランブルでは、この企画に賛同し、抽選で1名様をご招待いたしますので奮ってご応募ください。お父様、お母様へのプレゼントにもご活用ください。

プレゼントへの申込み条件は以下の2点だけ!

1.ヘルススクランブルの会員であること

ヘルススクランブルの会員になるのは無料です。会員になるとこのようなプレゼントのご応募ができるようになります。

2.ヘルススクランブルに感想を寄せていただくこと

当日、参加した撮影会のご感想を、ひと言で構いませんのでお寄せください。WEBサイト内の「おしゃべりパーク」からも投稿できますし、お問い合わせフォームからお寄せいただいてもOKです。

下記のバナーをクリックしてお申込みください。
お問い合わせフォームに「終活体験希望」と明記のうえ、お申込みください。
会員登録がまだの方は、会員登録も忘れずにお願いします。


今回のプレゼント応募は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

この記事の詳細はこちら

投稿の方法はこちら

おしゃべりパーク
クチコミを投稿する
写真1
写真2
写真3

※写真は幅205pxにリサイズして表示されます。

2019年9月2日
かんすけ さん

ラフティング、気持ち良さそうですね!

これからの季節も楽しめそうです。

2019年6月10日
ブラック さん

「添乗員見聞録Vol.36  タスマニアで出会う! かわいい動物たち」でウォンバットを見ました。最高にかわいいですね。

2017年6月15日
wombat さん

小江戸と呼ばれている川越に行ってきました。晴れた休日と言うこともあり、人・人・人。東急東横線が東武とつながり、経済効果もあるのだと感じた日でもありました。

 

2016年8月31日
ブラック さん

台風接近の中、北海道に行ってきました。それでも何とか北海道最高峰旭岳に辿りつき、晴れ間に写真を撮ることが出来ました。

 

2013年7月23日
Ruby さん

いいですねえ、ベネチア。20年以上前に行ったことがあります。大枚をはたいてゴンドラに乗りました。懐かしい思い出です。沈んでしまう前に(?)是非、行っておくべき街ですね。

Copyright © 2021 Health Scramble All Rights Reserved.