ホーム > いろどりライフスタイル > 旅行 > 川崎工場運河&羽田D滑走路観覧クルーズ

いろどりライフスタイル

旅行

大人の知的好奇心を満足させる
川崎工場運河&羽田D滑走路観覧クルーズ

2013年8月21日

近ごろ、たんなる観光では飽き足らず、それぞれの土地の背景にある文化や歴史、産業といったものを学びたい、もっと知識を掘り下げたいと考える知的好奇心が旺盛な大人たちが増えています。今回ご紹介する日帰りツアーは、そんな大人の知的好奇心を満足させてくれるものです。日ごろ見慣れたものでも視点を変えれば新鮮な感動がわいてくると思います。海から眺める工場群、頭上を通り過ぎる飛行機の迫力を実際に体験してみてはいかがですか。めったにできないレアもの体験ができるツアーです。


今回コラムで紹介する日帰りツアーを、1組2名様にプレゼントします。
奮ってご応募ください。

応募条件はヘルススクランブルの会員(無料)であること、
ツアー体験後、簡単なコメントをお寄せいただくことの2点です。

下のバナーをクリックして、お問い合わせページを開き、そこからお申込みください。
そのとき、「ツアー希望」と明記してください。


今回のプレゼント応募は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


川崎の工場群を船の上から見てみよう


写真 今回、皆さまをご案内するのは、東京湾クルーズ船の旅。横浜のピア運河パークから乗り込み、川崎の工業地帯を通って羽田空港を目指す、およそ2時間のコースです。出船は夕方の4時。陽射しも傾きかけた時間帯ですので、涼しげな海風を浴びながらの産業観光となります。クルーズ船はある程度の大きさがありますから、揺れて、船酔いという心配は低いでしょう。さらに、船内にはトイレもついていますので、安心して船の旅が楽しめますよ。

川崎の工場地帯は、数年前から「工場夜景萌え」で注目のスポットですが、昼間に見る工場は、夜の幻想的なイメージとは異なり、もっと現実的な力を感じさせます。ところどころペンキが剥げたタンクや建物は日本経済の発展を担った歴史の一つでしょう。石油精製工場の高い煙突からは、24時間炎が立ち上っています。これは精製時に余ったガスを燃やしているのですが、夜には巨大なキャンドルのように見える火も、昼の光のなかではそれほど目立ちません。でも、こんな地味な炎こそが日本を支える産業の火にほかならないのですね。
写真
船から工場を見ている範囲では働く人の姿に出会えるのはまれで、重厚な建物がただ静かにあるのみです。どこか人を拒絶するような工場の存在感は圧倒的な迫力があります。要塞のような工場を眺めていると、人の手でつくりだされたこれらのプラントが、いつの日か『風の谷のナウシカ』の巨神兵のように動き出すような気がしてきます。人類に復讐なんて企てないように祈るばかりですが、そんなSFチックな想像も楽しいです。

羽田空港を新たな視点で見てみよう


写真 2010年10月にオープンした羽田空港の第4滑走路、D滑走路を上空から見ると、東京湾に浮かぶ積み木のようです。しかし、このD滑走路は、単純な浮島ではなく、埋立・桟橋工法のハイブリッド構造という土木建築界では、かなり先進的な建造物だということです。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の主人公アキちゃんの初恋の人・種市先輩は、羽田の滑走路をつくるといって東京のゼネコンに就職しましたが、それはたしか2009年だったはず。というと、このD滑走路建築に携わるはずだったんですね。種市先輩は早々に離職してしまいましたが、この滑走路を造るために、南三陸の南部ダイバーが東京湾に潜っていたかもしれませんね。そんな思いで見てみるのも一興です。

写真 現在、羽田空港の年間発着数は40万回を超えています。毎日1000便以上の飛行機が羽田の滑走路を使っているのです。このツアーに参加したら、とっておきの水上の特等席から、何機も何機も、写真のような雄姿をご覧になることができるでしょう。皆さんにもこんなベストショットが撮れるかもしれませんよ。






写真 当日のツアーには、羽田空港名物のお土産もついています。それがこれ! 羽田空港内の売店でしか販売していない人気の空弁「元祖 羽田空港ひとくちおこわ」です。「おいしい」「食べやすい」と大評判です。

約2時間というお手軽な旅ですが、ツアー終了後は、実際の時間以上の感動を手に入れていることでしょう。お土産でもらったおこわを食べながら、もう一度旅の余韻に浸るのも楽しいのではないでしょうか。



写真

この記事の詳細はこちら

投稿の方法はこちら

おしゃべりパーク
クチコミを投稿する
写真1
写真2
写真3

※写真は幅205pxにリサイズして表示されます。

2019年9月2日
かんすけ さん

ラフティング、気持ち良さそうですね!

これからの季節も楽しめそうです。

2019年6月10日
ブラック さん

「添乗員見聞録Vol.36  タスマニアで出会う! かわいい動物たち」でウォンバットを見ました。最高にかわいいですね。

2017年6月15日
wombat さん

小江戸と呼ばれている川越に行ってきました。晴れた休日と言うこともあり、人・人・人。東急東横線が東武とつながり、経済効果もあるのだと感じた日でもありました。

 

2016年8月31日
ブラック さん

台風接近の中、北海道に行ってきました。それでも何とか北海道最高峰旭岳に辿りつき、晴れ間に写真を撮ることが出来ました。

 

2013年7月23日
Ruby さん

いいですねえ、ベネチア。20年以上前に行ったことがあります。大枚をはたいてゴンドラに乗りました。懐かしい思い出です。沈んでしまう前に(?)是非、行っておくべき街ですね。

Copyright © 2021 Health Scramble All Rights Reserved.