ホーム > いろどりライフスタイル > 旅行 > 添乗員見聞録Vol.12 日本と関わりの深い国、パラオで満喫 世界遺産の島々

いろどりライフスタイル

旅行

添乗員見聞録Vol.12
日本と関わりの深い国、パラオで満喫 世界遺産の島々

2013年2月25日

パラオは、2012年夏に「南ラグーンのロックアイランド」がユネスコの複合世界遺産に認定されたばかりの話題のスポットです。

美しい海はもちろんのこと、タコクラゲ(極めて毒性が低く、一緒に泳ぐことが可能です)のいるジェリーフィッシュレイクや、乳白色のブルーが美しいミルキーウェイなど、他にはない素晴らしい自然を存分にお楽しみ頂きました。

実はこのパラオ、非常に日本との関わりが深い国です。

たとえば、パラオ人の約25%の人の祖先が日本人である (今最も多いのは、祖父が日本人という方だそうです) 。パラオの人口の半分(約1万人)が外国人の移民ですが、その内の300人は日本人です。

また、パラオ語の内約500語が日本語をそのまま使っているなどです。
それもそのはず、1914~1945年の間、パラオは日本統治下におかれ、日本人がたくさん移り住み、日本語教育も行われていたのです。町の中でも、日本統治時代の様々なものがご覧頂けます。

パラオ高校の門には、日本にあるような門柱が取り付けられていたり、「パラオ公園」といった日本語の碑が立っていたりと、ドライブ中にそういったものを見つけるたびに、皆様びっくりしていらっしゃいました。

日本人にとって実は身近で、距離的にも近いパラオで、大自然と美しい海を満喫する旅となりました。

記事提供:ユーラシア旅行社

投稿の方法はこちら

おしゃべりパーク
クチコミを投稿する
写真1
写真2
写真3

※写真は幅205pxにリサイズして表示されます。

2019年9月2日
かんすけ さん

ラフティング、気持ち良さそうですね!

これからの季節も楽しめそうです。

2019年6月10日
ブラック さん

「添乗員見聞録Vol.36  タスマニアで出会う! かわいい動物たち」でウォンバットを見ました。最高にかわいいですね。

2017年6月15日
wombat さん

小江戸と呼ばれている川越に行ってきました。晴れた休日と言うこともあり、人・人・人。東急東横線が東武とつながり、経済効果もあるのだと感じた日でもありました。

 

2016年8月31日
ブラック さん

台風接近の中、北海道に行ってきました。それでも何とか北海道最高峰旭岳に辿りつき、晴れ間に写真を撮ることが出来ました。

 

2013年7月23日
Ruby さん

いいですねえ、ベネチア。20年以上前に行ったことがあります。大枚をはたいてゴンドラに乗りました。懐かしい思い出です。沈んでしまう前に(?)是非、行っておくべき街ですね。

Copyright © 2021 Health Scramble All Rights Reserved.