ホーム > いろどりライフスタイル > 旅行 > 添乗員見聞録Vol.4 スイスでハイジの気分を味わう

いろどりライフスタイル

旅行

添乗員見聞録Vol.4 スイスでハイジの気分を味わう

更新日:2012年8月6日

そう、スイスといえば、誰もが思い浮かべるのが「アルプスの少女ハイジ」ではないでしょうか。初めてアニメが日本で放送されたのは1974年。幼い頃にご覧になったという方もいらっしゃいますし、お子さんやお孫さんと毎週一緒に楽しんだという方も多く、日本人の老若男女全員に愛される物語といっても過言ではないでしょう。息の長い名作中の名作です。
ハイジとおじいさんやペーター、クララとのあたたかな交流、なによりも雄大なスイスの山里の風景が人々の心を捉えたのではないでしょうか。かくいう私もテレビに張り付いていました。クララが歩いた時の場面を思い出すと、今もジーンとします。

前置きが長くなりましたが、今回のツアーでは、ハイジのモデルになった村、マイエンフェルトを訪れました。バスから降りて、ハイジ博物館を目指す途中、思わず、「アルプスの少女ハイジ」の主題歌を口ずさんでしまいます。どんどんテンションが上がります。爽やかな風、緑の草原、そして石造りの小さな家・・・テレビの中の世界が目の前に広がっているのですから。


さて、ハイジショップからハガキを出すと、ハイジのスタンプを押してくれますので、前日までにハガキを書いてしまいましょう。このショップには、いろいろなハイジグッズが揃っていて小さな室内を回るだけでも楽しめます。というのは、「世界中のハイジ」に会えるからです。私にとってハイジといえば、短めの黒髪の愛らしく幼いイメージですが、大人の雰囲気のハイジもいてお国柄が偲ばれます。とにかく驚いたのは、世界中から観光客が来ていたことです。アラブの国からも子供たちが訪れていました。ハイジは世界で最も有名な女の子かもしれませんね。

記事提供:ユーラシア旅行社

投稿の方法はこちら

おしゃべりパーク
クチコミを投稿する
写真1
写真2
写真3

※写真は幅205pxにリサイズして表示されます。

2019年9月2日
かんすけ さん

ラフティング、気持ち良さそうですね!

これからの季節も楽しめそうです。

2019年6月10日
ブラック さん

「添乗員見聞録Vol.36  タスマニアで出会う! かわいい動物たち」でウォンバットを見ました。最高にかわいいですね。

2017年6月15日
wombat さん

小江戸と呼ばれている川越に行ってきました。晴れた休日と言うこともあり、人・人・人。東急東横線が東武とつながり、経済効果もあるのだと感じた日でもありました。

 

2016年8月31日
ブラック さん

台風接近の中、北海道に行ってきました。それでも何とか北海道最高峰旭岳に辿りつき、晴れ間に写真を撮ることが出来ました。

 

2013年7月23日
Ruby さん

いいですねえ、ベネチア。20年以上前に行ったことがあります。大枚をはたいてゴンドラに乗りました。懐かしい思い出です。沈んでしまう前に(?)是非、行っておくべき街ですね。

Copyright © 2021 Health Scramble All Rights Reserved.