ホーム > いろどりライフスタイル > その他 > 人形町 お江戸小粋な人情ガイド 下町の洋食屋 そよいち

いろどりライフスタイル

その他

人形町 お江戸小粋な人情ガイド
下町の洋食屋 そよいち

更新日:2017年9月21日


9年前、キラクから独立してオープンした「そよいち」さんを訪問しました。洋食キラクの味を継ぐと言われる、そよいち。ご長女で店主の石井明美さんに、お店についてお話をうかがいました。

キラクからの独立。お店のロゴの制作者は…

店主の石井明美さん


―元々はキラクさんから独立されてオープンされたんですよね?
平成20年、今から9年前です。私たち姉妹はキラクに生まれて、私が長女で、次女、次女の夫、3人で独立しました。

辻村寿三郎さん作のロゴ


―こちらのロゴは、人形作家の辻村寿三郎さんに書いていただいたとか。
そう、もともとキラクに通ってくださっていたお客さまだったんです。今度独立しますって言ったら、「じゃ、書いてあげる」って。最初は「そときち」って書いてくれたのですが、一年後に、商標登録の関係でその名前が使えなくなって、次の年に現在の「そよいち」に決まってまた書いてくださいました。「ぼくは書家じゃないからお金は取れない」ですって。「好きなように使っていいよ」って、無料で作っていただいたんです。
実はそときちってマークを作っちゃったので、真ん中の字のところだけ変えて、「そよいち」としました。意味はないの(笑)。

食材選びは勘ではなく、長年の経験で


―具体的にお料理のことをお聞きしたいのですが、調理へのこだわりや注意していることなど、なにかあれば教えてください。
肉の質は選びます。勘ではなく長年の経験で選んでいます。
例えばこの豚ロースはこっちの方が美味しい。目が細かいんです。こちらもまずくはないんですよ、だけど肉質が若干違います。こういう微妙な違いは、写真に撮っても出ないと思います。

左の方が美味しいとのこと

ポークソテー

ビーフカツレツ

―ビーフはどこの部位を使っていますか?
ビーフはランプとイチボという人気部位を使っています。より美味しく提供するために、一枚一枚、隠し包丁を入れているんです。かなり手間がかかっています。
ビーフの方は若干、赤みが残る感じで揚げて、ポークの方はしっかり火を通します。ポークはよく揚げた方が美味しいと思います。

―パン粉へのこだわりはありますか?
パン粉は、パン粉屋さんが泣いちゃったくらい細かくしたの。もうちょっと細かくしてよって言ったら、できませんって言うの。だけどね、一週間くらいしたら持ってきたわよ、ちゃんと。だから「やればできるでしょ?」って(笑)。
細かいほうが口当たりがいいです。大きく見せるためにパン粉を使うところもあるけど、今はそういう時代ではないと思います。

お客さまには好みのものを食べてほしい


―食べてほしい、イチオシのメニューを選ぶとしたら何でしょうか?
難しいですね、これはお客さま次第、好みのものを食べてほしいです。すべてのメニューに力を入れていますから、「今日は何を食べたいかな?」ってお決めになるのが一番いいんじゃないかな、と思います。

―ではご自分は何が好きですか?
私はとんかつが好きです(笑)。店名にビーフカツレツとつけているのですが、当初東京にはビーフカツレツが少ないからお店の特徴として推してみたら、とアドバイスいただいてのことです。ポークカツに力を入れていないわけではありません。今はビーフカツレツのお店もかなり多いみたいですね。うちには手を抜いている料理は一切ありません。

―お客さまはリピーターの方もたくさんいらっしゃると思いますが、印象に残るお客さまはいらっしゃいますか?
そうですね、三代でみえているかたもいます。四代かな? お孫さん、ひ孫さんも一緒にって、そういう方もいらっしゃいます。
最初は別々にみえたんですが、あるとき一緒にいらっしゃって。全部、ご家族なんだなって。

母の夢が自然と現実に


―今作っていらっしゃるメニューは、お父様のレシピを踏襲しているのでしょうか?
そうですね、子供のころから一緒にやっていましたから。
父が全面的に表に出る前は職人さんもいたんですが、父が自分でやると言ってからは職人さんはいないです。私と母と、三人が中心でやっていました。
母はお客様の対応とか、パートさんたちのフォローをしていました。父は調理だけなので、そういう方面は一切、母まかせでした。

―今後お店をこうしていきたい、などありましたらお聞かせください。
もうすぐ70歳なので、そんなに大それたことは考えていません。気力体力が続く限り、といったかんじでしょうか。お客さまの顔見てると元気になるから。ちょっとくらい頭痛くたって、肩凝ったって。

昔うちの母が、小さいコロッケとかできるといいね、って言っていたんです。でもキラクのときは調理場が狭くて、ハーフとか細かい料理が一切できなかったんです。
それが、このお店をオープンして一年くらいでしょうか。お客さまの「もう歳だから半分の量でいいんだけど」っていうお声を聞いて、ビーフカツのハーフサイズが始まって。そうしたら今度若い人は、1.5倍食べたいって人もいらっしゃって。例えばソテーにプラスしてビーフのハーフとかね。
自分では計算していなんだけど、ハーフメニューを出したいという母の夢の通りになってきました。自然と現実になったんです。母は独立前に亡くなったのですが、不思議な力が働いてるのかな、なんて思います。

―貴重なお話を聞かせていただき、「そよいち」が人形町で愛される理由がわかりました。今回私たちは、ビーフカツレツとポークソテーをいただきました。出てきたときはボリュームがあるように見えたのですが、サクッとした衣が軽いせいか、ペロリと美味しくいただきました。
お客さまの笑顔が見たいという思いの伝わる、お人柄がでているお味で、幸せな気分になれました。
また是非うかがいたいと思います。ありがとうございました。

そよいち
営業時間【火~土】
11:00~14:30(L.O) 17:30~20:00(L.O)
定休日 日・月

この記事の詳細はこちら
おしゃべりパーク
クチコミを投稿する
写真1
写真2
写真3

※写真は幅205pxにリサイズして表示されます。

2015年8月24日
小春 さん

人形焼きの板倉屋さん。

おいしいお店ですよね。

昔からファンです!

2014年5月20日
bovsan さん

僕は、アトム。今年16歳になるサバトラの猫。
鉄腕アトムに因んで賢明で強くなるようにという事らしい。
でも寄る年波には、勝てずここ1ヶ月体調を崩し、嫌々ながら通院中。
病院の先生方は、とても16歳には見えないね、毛艶も良いといつも褒めてくれる。
褒められるのは嬉しいけど先生のリップサービス、リップサービスと戒めている。
でも病院の待合室で患者のお母さんにも僕の顔が若いって驚かれた。
どうやら僕は本当に年相応に見えないようだ。特別にエステもやっていないし、それほど手を掛けてもらっているようには思えないんだけど・・・。
唯一思い当たるのは、お母さんと一緒にスターリミルクを15年食べ続けている事だけ。
お陰で殆ど大病もせず、若くいられたってことかニャン。
でもまだ通院中、頑張るニャン!

 

2014年5月15日
カピバラ 殿

わが家のわんこもおいしくいただいています!

ミルクを取り出すと一目散に走ってきます。

変化がみられるのが楽しみです。

 

2014年3月4日
小春 さん

ペットにもサプリメント!

考えてみれば、当然ですね。

参考になりました。

Copyright © 2017 Health Scramble All Rights Reserved.