ホーム > いろどりライフスタイル > ヘルスケア > 今こそ知りたい! 正しい手洗いとは

いろどりライフスタイル

ヘルスケア

今こそ知りたい! 正しい手洗いとは

更新日:2020年3月25日


2019年12月に中国で最初の症例が確認されてから、日を追うごとに感染者の数が増え、世界中を席巻している新型コロナウイルス。感染を防ぐために、各国があらゆる手段を講じています。日本では感染拡大を防ぐために、小中学校・高校の休校、各企業ごとに時差出勤やテレワークの推進、イベントの自粛など政府からの要請を受け屋内や屋外施設の臨時休業や休館など、さまざまな対策をスタートさせています。
しかし、突然の生活パターンの変化により日常生活にも支障が生じ、そろそろこの自粛ムードにストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。一刻も早い終息が望まれますが、この先まだまだどうなるか分かりません。

今回は、新型コロナウイルスに限らず、感染症を防ぐための衛生対策の一つである「手洗い」についてご紹介します。

■ なぜ手洗いが大切なの?
新型コロナウイルスが体内に入るルートは、二つあります。
一つはウイルスがついた手で目や鼻、口をさわることで起こる「接触感染」、もう一つはウイルスを含むせきやくしゃみを吸い込むことで起こる「飛沫感染」です。

この「接触感染」には手洗いが効果的であると言われています。たとえば、ウイルスに感染した人がせきやくしゃみをおさえた手で、ドアノブや電車の吊り革などをさわると、ウイルスがつきます。その後それをさわった人が、知らない間に自分の目や鼻、口などに触れることで粘膜から感染します。

そのため、外出の後や公共の場所で共有物をさわった後、食事や料理をする前にはきちんと手を洗うことが重要です。

■ 正しい手の洗い方
汚れが残りやすく、とくに気をつけたい部分は、指先、指の間、親指の周り、手首、手のしわです。

1 流水で手をぬらし、せっけんをつけ手のひらをよくこする
2 手の甲をのばすようにこする
3 指先・爪の間を念入りにこする
4 指の間を洗う
5 親指と手のひらをねじり洗いする
6 手首も忘れずに洗う
7 せっけんを洗い流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かす

ちなみに世界保健機関(WHO)では、手洗いにかける時間は約40~60秒を推奨しています。


ただし、手を洗いすぎると手が荒れやすくなるのでご注意を。荒れた手はかえってウイルスがつきやすくなるとも言われています。また、アルコール消毒もウイルスの一部を破壊するため感染力を弱める効果が期待されています。
正しい手洗いを行い、自分の身は自分で守れるように行動したいものです。合わせて、咳エチケットとしてマスクの着用もお忘れなく!


【参考】東京都感染症情報センター

おしゃべりパーク
クチコミを投稿する
写真1
写真2
写真3

※写真は幅205pxにリサイズして表示されます。

2020年4月7日
りょう さん

手洗い等についてのわかりやすい情報をありがとうございました。参考にいたします。

2020年1月16日
かんすけ さん

寝る直前のスマホチェックがなかなかやめられないですが、今年はぐっすりと眠れるようにやめていきたいです。

2017年1月18日
りょう さん

「サプリの話 第5回便秘」のなかで、「便秘解消法あれこれ」は大変参考になりました。小生がもうひとつ試みているのは、トイレでロダンの「考える人」のポーズをとりながら、つま先立ちをすることです。腹に力が入り、具合がいいようです。

2016年12月29日
りょう さん

本サイトの「太る痩せるのメカニズム」を見ていて思ったのですが、痩せ形の私がどこも具合が悪くなく、食事も普通にとっているのに体重が減るというのは、筋力が衰えてきたせいでしょうか。やはり日常生活の中に、筋力を鍛える機会を意識的につくらなければならないのでしょう。現代生活の利便性がもたらした弊害なのでしょうね。

2016年3月8日
事務局 さん

りょうさん

ご投稿ありがとうございます。

これからどんどん高齢化が進みます。そして、高齢者も大昔のように隠遁生活を送ることもできません。

ここで紹介しました「ヒアリングヘルプ」は、生活していくうえで重要なコミュニケーションを支えてくれるものだと思います。

これからも、みなさんの生活を支えられる情報をお届けしたいと思っております。

事務局より

Copyright © 2020 Health Scramble All Rights Reserved.