ホーム > いろどりライフスタイル > ヘルスケア > 健康は良質な眠りから - 音、香り、光を刺激して快眠へと導く快眠ツール「Sleepion」

いろどりライフスタイル

ヘルスケア

健康は良質な眠りから - 音、香り、光を刺激して快眠へと導く快眠ツール「Sleepion」

更新日:2019年1月22日

大寒も過ぎ、1年のうちで最も寒い時期を迎えました。インフルエンザが猛威を振るっています。こんな時の健康法のひとつは、温かくて消化のいい美味しいものを食べてよく眠ること…ではないでしょうか。
温かくて消化のいい美味しい食べ物はあちこちで手に入りますが、「よく眠る」ことに関してはどうでしょうか。この時期は特に、手足が冷えてなかなか寝付けないという悩みをおもちの方も少なくないでしょう。1年を通じて快眠を得るのは、実は意外と難しいことなのかもしれません。
そうは言っても睡眠不足は健康の大敵。良質な眠りを継続して得るためにはどのようなことができるでしょうか。

「睡眠負債」を放っておくと恐ろしいことに!?

最近、「睡眠負債」という言葉を耳にすることがあります。睡眠「不足」ではなく「負債」。「負債」という言葉を使う意味は「眠りが足りていない」のは「借金」をしていることと同じことだからだとか。わずかな「借金」が積もり積もっていくと、やがて健康上、大変な事態をもたらすことがさまざまな研究の結果から示されています。例えば、糖尿病や高血圧症になりやすくなる、認知症やがんの発症リスクが上がる、などです。「私は4~5時間寝れば大丈夫」と睡眠不足を甘く見ていると、やがて大変なしっぺ返しを食らうことになりかねません。6時間睡眠を2週間続けると、脳の働きは2晩徹夜したのと同じレベルになるということが、驚きの検証結果として出ています。

また睡眠不足によって、日本では、年間15兆円の経済損失が発生するとも言われています。個々人のレベルでの睡眠負債を放っておくことは国家レベルでの損失につながりかねないのです。

脳を休めるためにはレベル4のノンレム睡眠が必要

睡眠にはレム睡眠(Rapid eye movement sleep、REM sleep)とノンレム睡眠(Non-rapid eye movement sleep、Non-REM sleep)の2つがあることが知られています。レム睡眠中は、脳が活動して覚醒状態にあるのに対し、ノンレム睡眠中の脳は眠っているといわれています。ノンレム睡眠にはレベル1~4までの段階があり、レベル3だと脳波には緩やかな波形のデルタ波が20~50%未満、レベル4ともなるとデルタ波が50%含まれるようになります。レベルが上がる、すなわち眠りが深くなることで発汗量と成長ホルモンが増え、身体は活動状態になる反面、脳は休眠状態となります。
入眠まで時間がかかる、眠りが浅く夢ばかり見ている、目覚めが悪いなどの症状にはノンレム睡眠時に上位レベルにまで達していないことが関与しているといわれています。

自然な眠りを導くために - 聴覚、視覚、嗅覚の環境づくり


自然で良質な睡眠を得るためにはどうすればよいでしょうか? 夜更かしをしない、就寝の直前までスマートフォンやPCを見ることは避ける、枕やマットレスなどの寝具は身体に合ったものを使用する、など生活習慣の見直しが必要なのは当然ですが、その他に、人間の五感が影響する睡眠環境を最適化することが重要です。しかし、なかには五感の過敏化が眠りを妨げる場合もあるようです。

快適な入眠を得るための手段のひとつとして、「Sleepion(スリーピオン)」があります。「Sleepion」とは、快適な入眠をサポートするために開発された製品で、音(聴覚)、香り(嗅覚)、光(視覚)の三感に働きかけて、気持ちをリラックスさせ、眠りに導こうというものです。大阪市にあるティ・アール・エイ株式会社が、「睡眠障害の改善」を30年以上研究してきた大阪府立大学名誉教授である清水 教永(しみず のりなが)医学博士との共同研究により、クラウドファンディングで資金を調達して開発し、2015年12月末、初代Sleepionを発売しました。

Sleepionには、自然界に存在する「ゆらぎ」に近づけた、また母親の胎内をイメージした、睡眠を促すヒーリングサウンドがあらかじめセットされています。また、睡眠に最適な月の明るさの光が音楽に合わせてロウソクのようにゆらぎ、入眠から深い睡眠へと誘います。また、質にこだわったアロマオイルは、ブルガリア産のアロマラベンダー、木曽産のヒノキ、エジプト産とフランス・レユニオン産をブレンドしたゼラニウムを使用しているとのこと。いずれも鎮静作用や睡眠改善効果が示されている材料を使い、香水作りのプロと協力して開発したとのことです。

Sleepion1

Sleepion1

Sleepion2

Sleepion2

Sleepion3

Sleepion3


このSleepionは、日本体育大学の競泳選手団がリオデジャネイロオリンピックに持参したことで話題になりました。2017年には、さらにコンパクト化したSleepion2が発売され、米国ボストンで開催された睡眠に関する世界最大級のイベント「Sleep 2017」でも発表されました。そして、昨年の12月、さらに進化を遂げ、高機能・低価格を両立したSleepion3が発売されたばかりです。

実際にSleepionシリーズを使った人からは、「夜中に目が覚めて眠れなくなることがあったが、使用し始めてから目が覚めることが激減した」「イライラが少なくなり、睡眠剤の量も少なくなりつつある」などの声が寄せられているそうです。すぐに症状が改善しなくても使い続けることで少しずつ効果が感じられるようになるかもしれません。

新年を機に、ご自分の健康を、睡眠の観点から見直してはいかがでしょうか。Sleepionは家電量販店などでご覧になれるとともに、通信販売でも入手可能です。

この記事の詳細はこちら
おしゃべりパーク
クチコミを投稿する
写真1
写真2
写真3

※写真は幅205pxにリサイズして表示されます。

2017年1月18日
りょう さん

「サプリの話 第5回便秘」のなかで、「便秘解消法あれこれ」は大変参考になりました。小生がもうひとつ試みているのは、トイレでロダンの「考える人」のポーズをとりながら、つま先立ちをすることです。腹に力が入り、具合がいいようです。

2016年12月29日
りょう さん

本サイトの「太る痩せるのメカニズム」を見ていて思ったのですが、痩せ形の私がどこも具合が悪くなく、食事も普通にとっているのに体重が減るというのは、筋力が衰えてきたせいでしょうか。やはり日常生活の中に、筋力を鍛える機会を意識的につくらなければならないのでしょう。現代生活の利便性がもたらした弊害なのでしょうね。

2016年3月8日
事務局 さん

りょうさん

ご投稿ありがとうございます。

これからどんどん高齢化が進みます。そして、高齢者も大昔のように隠遁生活を送ることもできません。

ここで紹介しました「ヒアリングヘルプ」は、生活していくうえで重要なコミュニケーションを支えてくれるものだと思います。

これからも、みなさんの生活を支えられる情報をお届けしたいと思っております。

事務局より

2016年3月5日
りょう さん

3月5日(土)のNHKの朝の番組(ニュースかな?)で、障がいのある方の暮らしを支援する法令が4月から施行される関係で、たとえば目の不自由な方も映画を楽しめるように音声ナレーションを流すなどの試行を始めたなどと放送されていました。そのなかのひとつ、銀行でも耳の不自由な方に対応するため、相談窓口に拡声器(スピーカー)を用意したところもあると紹介していましたが、ヒヤリングヘルプのような受話器型であれば、外に音が漏れずに聴きやすいのではないかと、思ったことでした。

2016年1月28日
りょう さん

 先日、集音器のヒアリングヘルプk201を購入し、田舎の耳の悪い義母に使ってもらいました。簡単に使えるので、いろいろ試してもらいましたが、今までほとんど聴こえず補聴器をしても無理だといわれてきた右の耳に集音器を当てたら、かすかながら声が聴こえるとびっくりしていました。いろいろ可能性を探ることができて、大変有難いことと思っています。

Copyright © 2019 Health Scramble All Rights Reserved.