ホーム > いろどりライフスタイル > グルメ > 免疫ミルクで作るスイーツ ミルクおはぎ

いろどりライフスタイル

グルメ

免疫ミルクで作るスイーツ ミルクおはぎ

更新日:2019年11月27日


春や秋のお彼岸の時期、ご先祖様へのお供え物として欠かせない「おはぎ」。ここ数年は、一年中味わえるスイーツとしても人気が高まっています。
また、最近ではあんこやきなこだけでなく、さまざまな食材を使ったおはぎを販売している専門店もあり、話題になっています。

今回はそんな舌の肥えたおはぎファンも大満足間違いなしの、免疫ミルクを使った「ミルクおはぎ」の作り方をご紹介します。いつものおはぎとは一味違う、濃厚で、味わい深いおはぎをご堪能ください。

*ポリフェノールとは、植物に含まれる抗酸化成分の総称です。
ここであずきにまつわるお話を少し!
あずきには、実はポリフェノール以外にも美容に良い成分がたくさん含まれています。

■あずきに含まれる成分と美容との関係

1 食物繊維 
あずきにはゴボウの3倍の食物繊維が含まれています。
食物繊維には水溶性と不溶性があります。この2種類の食物繊維のうち、あずきに含まれるのは約9割が「不溶性食物繊維」で、その量はゆでるとなんと5割増に!
「不溶性食物繊維」は、有害な物質を体内から除去する力が強く、デトックス効果が高いので、便秘気味の人にもおすすめです。

2 炭水化物
あずきには炭水化物が多く含まれているので、食べるとお腹が膨れ、満足感がしっかりと得られる食材です。
食物繊維のデトックス効果と合わせて、ダイエットにもおすすめです。

3 サポニン
サポニンとは、血液をサラサラに保つ成分のひとつで、豆類に多く含まれています。血液がサラサラになり血のめぐりが良くなると、酸素や栄養を体の末端までしっかりと運んでくれます。また、老廃物をしっかりと流してくれるので、体温が上がります。血色も良くなり、免疫力もアップします。

4 良質なたんぱく質
たんぱく質は、体内で分解されアミノ酸へと変わります。人体を構成するアミノ酸は約20種類あるといわれていますが、あずきにはこの20種類のすべてが含まれています。

アミノ酸には、体脂肪を燃焼し、体にたまった余分な水分を体の外に排出するダイエット効果があり、肌の老化を防いだりくすみをとるなどのスキンケア効果も期待できます。

5 ビタミンB2、B6
ビタミンB2、B6は肌や髪の毛、爪など、細胞を再生するときに代謝を助ける働きをします。代謝が良くなると、シミや目の下のクマ、吹き出物などの悩みも解決します。


何気なく食べていたあずきですが、魅力的な成分を知ることでますます味わい深いものとなりそうです。おはぎ以外にもさまざまなアレンジをして楽しみたいですね。

投稿の方法はこちら

おしゃべりパーク
クチコミを投稿する
写真1
写真2
写真3

※写真は幅205pxにリサイズして表示されます。

2019年6月11日
かんすけ さん


ミルクジャム、簡単なのに体に良さそうなので、すぐにでも作ってみたいです。

「蘇」も気になります!

2014年5月15日
小春 さん

バルタン星人が店長をしているなんて、おもしろいですね。

食事も食べがいがありそうだし、行ってみたいと思います。

Copyright © 2019 Health Scramble All Rights Reserved.