ホーム > いろどりライフスタイル > グルメ > たんぱく質不足を手軽に補給!「さっとタンパク」という選択

いろどりライフスタイル

グルメ

たんぱく質不足を手軽に補給!「さっとタンパク」という選択

更新日:2018年6月20日


年齢を重ねると食事の量が徐々に減ってきます。「いつまでも健康でいたい」「歩く力を維持したい」との想いから栄養バランスのよい食事を心がけている、という方も多いと思いますが、実はその食事、たんぱく不足かもしれません。栄養素の中でもたんぱく質はからだの筋肉のもととなる大切な栄養素。肉や魚、卵に多く含まれますが、若いころのようにたくさん食事から摂取するのはなかなか難しいもの。そんな方にご紹介したいのが、鈴廣かまぼこが提供する「さっとタンパク」です。

「さっとタンパク」の誕生

鈴廣かまぼこといえば、言わずもがなの老舗かまぼこメーカーです。多くの人に愛されているかまぼこにも健康効果があるのではと考え、様々な研究をスタートしました。

かまぼこに使用される魚肉たんぱくについては、おいしさを追求するために長年研究を重ねてきましたが、健康効果について研究を深めるため、2005年に「魚肉たんぱく研究所」を設立し、大学や専門の研究機関と研究を続けてきました。

そして、魚肉たんぱくを酵素で分解し「ペプチド」にすることで、吸収効率が非常によくなることがわかりました。またペプチドにはアンチエイジング効果が期待できる抗酸化力があることがわかったのです。魚肉たんぱくは、からだをつくるのに必要なアミノ酸20種類をすべて網羅しています。しかも体内では生成できない必須アミノ酸をバランスよく含んでいるのです。

支持される理由

従来のたんぱく栄養補助食品は牛乳や大豆由来であることから、ゼリーやジュースなど甘い味付けの菓子類の商品が多く、苦手な方や食べ飽きてしまう方も少なからずいました。そんな方に向けて、調味料としてもふりかけとしても使える「さっとタンパク」を開発しました。

「さっとタンパク」は魚肉をそのままペプチド化しているため、効率良くたんぱく質を摂取することができます。魚肉のすり身をペプチド化(粉末化)する技術実現にあたっては、製造プラントがないところから研究や製造などの各チームが一丸となっての試行錯誤がありました。

また、天然素材・天然製法であることから、魚肉ペプチドには多少の魚臭さが残ります。この魚臭さに抵抗感を生まないよう、相性の良い調味料や最適な配合比率を試行錯誤の末、見つけだし商品化に成功しました。

さっとタンパクでたんぱく質を補おう!

良質な魚肉たんぱくを手軽に食事に取り入れられる「さっとタンパク」。「魚を食べたいけれども、調理が面倒で避けていた」という方や、親の介護で食事に苦慮している方などをはじめとして、たんぱく質不足に悩む60代以上の方から特に支持されています。

また、子どもがいるご家庭では、部活やお稽古ごとにいそしむ子どものために、栄養豊富な食事を作ってあげたいからと、日々の食事にプラスしている方も多いそうです。

「さっとタンパク」の使い方は簡単!みそ汁やスープ、ごはんなどに混ぜたりかけたりするだけ。1包あたり約3gのたんぱく質が摂取できます。ご利用の目安は1日1包ですが、魚や肉のおかずをあまり食べない方、うどんやおにぎりなど単品のランチで済ます方などは、1日2~3包追加してもOKです。体調や食事に合わせて調整してください。

ただし、1日に必要なたんぱく質必要量は50g~60gにもなりますので、3食しっかり食べたうえで「さっとタンパク」で不足分を補うようご利用ください。


実際に利用されている方からはこんなお声が寄せられています。

人生100年時代といわれる現代、少しでも健康寿命を延ばしたいですね。しかし食事は毎日のことですから、手軽さやおいしさはなかなか譲れないものです。ご紹介した「さっとタンパク」のような商品はそんなお悩みに答えてくれるのではないでしょうか。もちろん基本の食事・運動があってこそですが、ときには「サカナのちから」を借りてみるのもいかがでしょうか。

この記事の詳細はこちら

投稿の方法はこちら

おしゃべりパーク
クチコミを投稿する
写真1
写真2
写真3

※写真は幅205pxにリサイズして表示されます。

2014年5月15日
小春 さん

バルタン星人が店長をしているなんて、おもしろいですね。

食事も食べがいがありそうだし、行ってみたいと思います。

Copyright © 2018 Health Scramble All Rights Reserved.