ホーム > 気になるカラダの症状 > 女性の排尿トラブル

気になるカラダの症状

女性の排尿トラブル

トイレの悩み あなただけではありません

写真 「トイレが近い」「トイレに行きたいと感じたら、我慢ができない」などの症状に悩んでいる方は少なくありません。それなのに、病院へ行くのは恥ずかしいと我慢している人も多いと聞きます。

でも、このような排尿トラブルが原因で、旅行に行くのをためらってしまったり、観劇や映画鑑賞に行くのもおっくうになってしまったりと、生活の幅を狭めてしまうこともあります。やりたいことをトイレの心配のためにあきらめてしまうの、すこしもったいないと思いませんか。

適切な治療で改善することもありますし、トレーニングなどで改善することもあります。また、尿漏れ用品を使うことで不安が軽減し、再び外出する気が起こる場合もあります。

トイレに行きたい! 我慢できない! のはなぜ?

「我慢できないような尿意を突然感じる」「トイレが近い」「尿漏れ」などの症状をもつ病気に過活動膀胱というものがあります。過活動膀胱の原因には脳梗塞やパーキンソン病などの病気によって、脳からの指令が膀胱の神経に伝わらなくなることや加齢や出産経験による骨盤底筋の脆弱化などがあります。

また、骨盤底筋が弱くなると腹圧性尿失禁となることもあります。通常、骨盤底筋という筋肉が膀胱や尿道を支え、尿道を締めることで尿漏れを防いでいます。しかし、骨盤底筋の力が弱まると尿道を締める力も弱まり、お腹に力が入ったりすると、その刺激で尿漏れとなります。咳やくしゃみ、笑う、重いものを持ち上げるなどの動作をきっかけに尿漏れとなることが多いのです。

ほかにも心因性の頻尿や膀胱炎などの感染症、子宮内膜症などの病気や薬の副作用が原因となることもあります。

病院ではどのようなことを聞かれるの? 検査・治療・ケア

尿漏れや頻尿は、同じような症状であっても人によって感じ方が異なりますし、そもそも人と比べたり、人に聞いたりしにくいことなので、病院にかかるべきかどうかの判断に困ります。さらに排尿にかかわることなので、「恥ずかしい」という思いが強い人もいらっしゃいます。ですが、日常生活に何らかの支障を来しているのなら、受診することをお勧めします。

尿漏れ、頻尿に関わる病気(過活動膀胱・腹圧性尿失禁)は、基本的には泌尿器科の領域になります。ただし、そのような症状の原因として妊娠、出産、婦人科系の病気が思い当たるようでしたら、婦人科を受診してもよいでしょう。また、すでに何らかの病気で通院している人は、かかりつけ医に相談してみましょう。

関連情報
生活習慣病こころの病気ロコモティブシンドローム慢性閉塞性肺疾患禁煙痔女性の排尿トラブル口腔ケア関節リウマチ
Copyright © 2017 Health Scramble All Rights Reserved.