ホーム > 気になるカラダの症状 > 関節リウマチ

気になるカラダの症状

関節リウマチ

関節リウマチ? 名前は知っているけど……

関節リウマチという病気について、どのくらいの方がしっかりと理解していらっしゃるでしょうか? 「リウマチ」という病名は知っているけれど、どのような病気なのかと尋ねられると、とたんに自信がなくなってしまう人も少なくないでしょう。

関節リウマチの患者さんがご家族にいらっしゃれば、この病気のつらさを知ることができますが、身近に患者さんがいない場合、病気に対して誤解している部分があるかもしれません。現在、日本に関節リウマチの患者さんは70万人いるといわれています。決して珍しい病気ではありません。病気に対する正しい知識がないことで、早期発見の機会を逸してしまうことにもなりかねません。

関節リウマチは高齢者の病気ではない


「関節リウマチというと、高齢者の病気のように思われている方もいますが、どの年代でも発症します。実際の発症年齢は40代がもっとも多く、50代、30代と続きます。なかには20代で発症する方もいます。もっとも発症が多い40代という年齢は、社会でも家庭でも中心的な役割を担っています。だからこそ、病気によってこれまでと同じように生活ができなくなると、責任を感じ、心を痛めることにもなります。

男女別の発症をみると、男性1に対して女性は4の割合で、多く発症します。

関節リウマチの症状


関節リウマチの特徴的な症状には、手足のこわばりや腫れや痛みがあります。とくに、こわばりは朝起きたときにもっとも強く感じます。しかし、関節リウマチは関節だけに症状があらわれるのではなく、微熱や全身のだるさなど全身症状もあることを覚えておいてください。
写真
関節リウマチは関節に炎症が起き、そのためこわばりや腫れ、痛みが生じます。「ものがつかみにくい」「細かい作業がしづらい」「歩くと痛みを感じる」など、日常生活のなかで、違和を感じるようになります。また、炎症によって関節が破壊されてしまうと、変形してしまい、日常生活にも支障をきたします。


ただし、ここで挙げた症状があれば、そのまま関節リウマチというわけではありません。加齢に伴う変形性関節症でも、関節の腫れや痛みを感じることがあります。しかし、病気の診断がつかなければ、どんな病気であれ治療が始まりません。「リウマチかな?」と、頭をよぎることがあったら、一度病院を受診してしっかりと検査を受けてみましょう。

関節リウマチの治療


関節リウマチの治療の中心はお薬による治療です。薬によって病気の進行を抑えたり、症状を和らげたりします。関節の変形などで日常生活に支障が及んだ場合は、手術によって、関節機能の回復をはかります。お薬による治療をしているときも、手術を受けた場合でも、リハビリテーション療法を併行して、関節の機能を維持するようにします。そして、もう一つ大切なことは、患者さん自身が関節リウマチという病気を正しく理解して、日常生活の管理を行うことです。

関節リウマチの治療目標は「寛解(かんかい)」です。寛解とは、関節リウマチの症状がほぼ消えて、通常の活動ができる状態をいいます。この寛解の状態を長く維持することが最終目標となります。

以前の治療では、寛解という状態にすることが難しかったのですが、現在は新しいタイプの薬が登場し、寛解が得られるようになってきました。ただし、長期に薬を投与するため、日ごろの健康管理や副作用に対する注意などはしっかりと行うようにします。

また、治療効果は期待できるものの、生物学的製剤というタイプの薬は、薬の価格が高いという悩みがあります。高額療養費制度などを利用して、負担をなるべく減らして治療を続けていっていただきたいと思います。また、生物学的製剤のジェネリック薬品ともいえるバイオ後続品(バイオシミラー)も登場し、こちらの価格は先行品の70%となっているので、今後、生物学的治療という治療選択も広がっていくのではないでしょうか。

関節リウマチのサポート


関節リウマチの患者さんは、関節に負担がかからないような生活を心がけます。また、ストレスもできるだけ回避する必要があります。

関節に負担がかからない生活をするには、和風よりは洋風の生活スタイルがよいそうです。畳よりは椅子の生活、布団よりはベッドのほうが関節に負担がかかりません。また、浴室やトイレ、玄関には手すりをつけることで、動作が楽になりますし、安全です。このように生活環境を整えることで、身体的なストレスは軽減されます。また、外出したときは、エレベーターやエスカレーターを利用されるとよいでしょう。

一方、精神的なストレスを軽減するには、周囲の人たちの理解とサポートが必要です。関節リウマチの患者さんは、外見からは病気を抱えているかどうかわかりにくいため、周囲のサポートが受けにくいのが現実です。しかし、家族や職場、友人が関節リウマチという病気をよく知り、十分に理解をすることで、患者さんの気持ちはずいぶんと救われます。職場で病気への理解を得られれば、患者さんも治療を受けやすくなることと思います。

関節リウマチについてもっと詳しく知りたい方は……

関連情報
生活習慣病こころの病気ロコモティブシンドローム慢性閉塞性肺疾患禁煙痔女性の排尿トラブル口腔ケア関節リウマチ
Copyright © 2017 Health Scramble All Rights Reserved.