ホーム > 気になるカラダの症状 > 口腔ケア

気になるカラダの症状

口腔ケア

お口のケアが大切なわけ

写真 「寝る前に歯磨きをしなさい」といわれた経験、また、親になってからは子どもに注意をした経験をもつ方はたくさんいることでしょう。虫歯予防には歯磨きの励行は必須です。でも、口の中を清潔に保たなければいけない理由は、虫歯予防だけではないのです。

歯垢とは、歯磨きをしても残ってしまった食べ物カスなどが、ねばねばした物質(プラーク)とともに歯についてしまったものです。歯の表面や歯と歯茎の間にたまっている白、もしくは黄白色のものです。この歯垢には非常に多くの細菌がいるため、口の中は人間のからだの中で一番多く細菌が棲息しているといわれています。歯垢が石灰化すると歯石になります。歯石になるとセルフケアでは除去することは不可能なので、歯石になる前に日ごろから丁寧なブラッシングを毎食後行うことが大切です。

通常、人間の口の中に潜む細菌は、食事や唾液を飲み込むことで食道から胃へと流れおち、胃酸によって死滅します。しかし、ときに誤って食道ではなく気管から肺に入ってしまうと、誤嚥性肺炎を起こし、最悪の場合亡くなられることにもなります。

誤嚥性肺炎の怖さ

咳反射や嚥下反射が低下すると知らない間に細菌を含んだ唾液が肺に流れ込み、肺の中で細菌が増殖し誤嚥性肺炎となるのです。

誤嚥性肺炎を予防するには、咳反射や嚥下反射を改善する薬を使うこともありますが、まずはお口の中を清潔にするよう口腔ケアをしっかり行うことから始めましょう。

ケース別お口のケア

自分で歯磨きができる人は、口腔粘膜を傷つけないようやわらかめの歯ブラシを使ってブラッシングします。奥歯や歯の隅々まで届くようヘッド部分は小さめのものを選びます。脳卒中の後遺症で手に力が入りにくい人にはトレーニング用の歯ブラシもあります。片麻痺がある人は、麻痺側をより丁寧にブラッシングするように心がけます。
歯垢の溜まりやすい歯と歯の間の清掃には、デンタルフロスや歯間ブラシを利用しましょう。

自分で歯磨きができない人には、介護者がブラッシングをしてあげます。介護者が持ちやすいように柄の部分を工夫した歯ブラシやヘッド部分が球状(全面ブラシ)になったものなどさまざまなグッズがあります。
寝たきりの人に対するケアで、もっとも気を使うのは誤嚥です。体を横向きにする、それが無理な場合は顔だけでも横向きにしてケアを行います。誤嚥防止のために吸引器に接続して使用するブラシもあります。舌の根本部分やのどの奥のほうに刺激を与えてしまうと嘔吐反応を起こすこともあるので、介護者はブラッシングするときに注意が必要です。

経腸栄養をされている人では、口からものを食べないため、「お口の中に汚れがたまらないから、歯磨きはしなくてもいい」と思われるかもしれませんが、実はそのような場合こそ、しっかりとケアをしなくてはならないのです。口から食事をしないと唾液の分泌量が減少し、自浄作用が低下します。つまり、口の中の細菌はずっとそこに居座ることになるのです。

認知症の人に対しては、できるだけ自分の手で歯磨きをしてもらうようにします。介護者は磨き残しがないかをチェックし、補助的にケアするようにします。ただし、無理強いをすると、「歯磨きはいやなもの」という印象を残し、その後のケアがうまくいきません。あくまでも自主的に習慣づけるようにします。

歯が全くない人に対しては、綿棒に液体歯磨き剤やポビドンヨードなどのうがい薬を浸して口腔内をふき取ります。綿棒はデンタルケア専用のものもありますが、ガーゼなどでも代用できます。

関連情報
生活習慣病こころの病気ロコモティブシンドローム慢性閉塞性肺疾患禁煙痔女性の排尿トラブル口腔ケア関節リウマチ
Copyright © 2017 Health Scramble All Rights Reserved.