ホーム > 風邪 世界の民間療法 > マレーシア

風邪 世界の民間療法

マレーシア

お国柄

マレー半島の南部とボルネオ島の北部を領域とする国家で、首都クアランプールは東南アジア有数のグローバル都市です。一方、ボルネオ島の熱帯雨林は開発によって、面積を減少しているため、自然保護、野生動物の保護の必要性が叫ばれています。

予防法

日頃からニンニクやトウガラシなどをよく食べることで風邪を予防しています。

治療法

ココナッツミルクを2~3個分(2Lくらい)や漢方薬、特にニンジンを飲みます。また薬店で買ったゴキブリ1匹と梅干し1個に湯を注ぎ、その湯を飲んだりするそうです。ショウガ湯、レモンジュースも効果があるとされます。のどの痛いときは塩水でうがいします。

解説

ゴキブリと聞いてびっくりする人も多いと思いますが、漢方薬で使うショ虫という薬はサツマゴキブリのことで、肝機能を高めるといわれています。

Copyright © 2019 Health Scramble All Rights Reserved.