ホーム > 風邪 世界の民間療法 > バングラデシュ

風邪 世界の民間療法

バングラデシュ

お国柄

インド洋に面したバングラデシュの人口密度は世界一ともいわれ、人口問題が最大の社会問題となっています。

予防法

毎朝、塩水でのどと鼻を洗います。

治療法

ローリエの葉と生のショウガを入れた熱い紅茶やヤシの実のジュースなどを飲みます。また若鶏のスープ、香辛料をあまり使わないで野菜やひょうたんを煮込んだもの、青く固いバナナを煮込んだものに玉ネギなどを加えてペースト状にしたものなどを食べます。

発熱したときは、水で頭を洗う、氷のうで冷やす、また小麦粉に酢を加え水で練ったものを布に伸ばして頭に乗せるなどの方法が一般的です。

呼吸器障害には、玉ネギと岩塩をつぶし、それを扁桃腺に直接塗りつけたあとショウガと紅茶の葉を入れたお湯でうがいをします。また冷たい水は飲まず、アイスクリームも溶けてから食べます。

解説

冷やしたり温めたりとややこしいのですが、要するに、熱や炎症が強いときは冷やす工夫が必要ですが、病気を克服するためには、温かいものをとり入れて新陳代謝を盛んにすることが大切なのです。

Copyright © 2019 Health Scramble All Rights Reserved.